スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple Storeはなぜ成功したか

images-1.jpg


少し前にAppleを離れたApple Storeの責任者だった方が、Apple Storeの成功の秘密についてWebで公開しています。なかなか面白かったので、概略をご紹介します。





Apple Storeの成功について、Appleの製品を扱ってるから成功したっていう意見をよく聞く。まあ、それもあるよね。Appleの製品はお客さんを呼び寄せる。でも魅力的なお店を作るのにiPadを積み上げる必要はないんだ。人々にとってお店以上のものを作る必要があるだけさ。

ちょっと考えてみて欲しい。どんなお店だって、お客さんが買いたいものを揃える必要はある。これは当然。でもAppleの製品が成功の鍵だとしたら、なんでみんなは定価で販売してるApple Storeで購入するんだろう。Wal-martやBest Buy、TargetでもApple製品は売ってるし、いろんな形のディスカウントも受けられる。AmazonでもApple製品は購入できるし、Amazonで買えば消費税の負担がない。

Apple Storeに人がくるのは、そこで得られる体験のためなんだよ。その体験のために、余分にお金を払ってくれるんだ。Apple Storeが人々に提供する体験にはいろんな要素があるけど、一番重要で他のお店にも適用できるルールがある。それは、店のスタッフの目的が物を売ることじゃないってところ、Apple Storeのスタッフはお客さんとのよりよい関係を築くため、そしてお客さんの生活をよりよくすることに一番重点を置いているんだ。なんかいんちき臭く聞こえるかもしれないけど、これは事実なんだ。スタッフの訓練にはすごく力をいれてるけど、売り上げノルマは一切ない。Apple Storeのスタッフにとっては、新しい高価なMacを購入してもらうことと、今持っている古いMacを上手く動かしてそれで満足してもらうことの間に違いはないんだ。彼らの仕事は、お客さんが何を必要としているかを明らかにして、それを助けること。それがAppleの製品による解決じゃなくても構わないんだ。普通のお店と比較してごらん。いくつもの製品を売りつけて、例え必要じゃなくても、お客さんにもっと購入することを勧めてるよね。それじゃ、お客さんの生活は豊かにはならないし、お店との関係だって良くはならない。お客さんの財布が軽くなるだけだよ。

店舗経営者にとって必要なのは、どうApple Storeを真似するかじゃないし、良いお手本を真似するかってことでもない。それとは全くちがうことだよ。iPhoneを前にしたスティーブ・ジョブズと似ているんだ。「どうやったら2%のマーケットシェアをとれる製品を開発できるか」なんて聴いたりしない。「どうやったら電話を再発明できるか」それが彼がした質問さ。店舗経営者も同じ。「どうやったら、年間1500万ドル売り上げられるお店を経営できるか」じゃなくて、「どうやったらお店を再発明して、お客さんの生活を豊かにできるか」について考えないとダメだよ。

それは簡単なことじゃないけどね。Apple Storeだって苦労したんだ。最初の1年間はGenius Barに誰も来なかった。Genius Barに来て座って時間を過ごしてもらえるよう、冷蔵庫の中にエビアンを一杯蓄えてた位だよ。でもGenius Barにこだわり続けたんだ。一対一の対応こそがお客さんにとって最高のサポートだと信じていたからね。3年経ったら、Genius Barの予約システムを立ち上げる必要があるほどポピュラーなサービスになったよ。

これが、一つの解答ってわけじゃない。すべてのお店は彼ら独自の方法を模索する必要がある。でも自信をもっていえるよ。未来を勝ち取るのは、ゼロから始めて、お客さんにとって抜本的に新しいタイプの価値を提供する方法を見つけたお店だって。

What I Learned Building the Apple Store より



スポンサーサイト

通勤中もMacで仕事をしたい人にぴったりのオプション登場

Bentley1.jpg


通勤中もMacで仕事したいという方にぴったりのサービスが登場しました。BentleyのMulsanne向けオプションBentley Executive Interior Concept (EIC)はトランクにMac Miniを装備、社内に設置された3台のLEDディスプレイを経由して、音楽やビデオ、仕事までこなせます。

このオプションには2台のiPadも標準で付属、もちろんiPhoneをシステムにつないで、装備されている20のスピーカーから2000ワットのパワーで音楽を鳴らすことも可能です。

いちいちMacからコントロールするのは面倒? 大丈夫、iPhoneやiPadからも特製のApp経由で操作できます。

「でも、お高いんでしょう?」

そのとおおりいいいいいい。オプションの値段は明らかにされていませんが、目の玉が飛び出ることはまちがいなし。ま、庶民には無理です。。。



以下 関連する写真を少し

Bentley-backseat.jpg

iPadが組み込まれたSeat BackのConsole。表示されてるのがBentley特製Appかな。

Bentley-back.jpg

格納するとこんな感じに、iPhone用のドックがセンターにあります。

Bentley_keyboard-thumb-640x427-33785.jpg

Mac用のTrack Padとかはこんな風に格納されてます。


COOL HUNTING Bentley Executive Interior Conceptより


中国のiTunes Store、銀行カードでの支払い可能に

apple-itunes-china-RMB-02.jpg


中国のiTunes Storeが、現地の銀行カードでの支払いに対応したそうです。

これまで、中国のiTunes Storeではクレカ登録が中心。日本の様にiTunes Cardが広く手に入るわけでもなかったようです。そのため、クレジットカードを持たない人はアプリを購入できず(クレジットカード所有者は中国では少数派らしい)、これにより盗んだiTunesアカウントの販売がブラックマーケットで多発しているのが現状です。

あまりに盗んだアカウントの売買が多く、一部の売買仲介サイト(ヤフオクみたいなやつか?)ではiTunesやApp Storeという単語による検索を禁止しているほど。

今回の変更でより多くの人がアプリを購入可能になり、盗難アカウントの取引が減れば良いのですが、、、

なお中国では、購入額の最大限度も設定可能なようです。

Apple Launches Local Currency Payments For its China iTunes App Store




取り敢えずiTunes Storeのパスワードの使い回しは絶対にやめましょう。というか、ゲームとかメーリングリストとかに登録するどうでもいいサービス用に、適当なパスワードを一つもっておくのがおすすめ。tamago kake gohan maiuみたいな、スペースで区切った長めのがいいです。


クリスマスに欲しいのはiPad!!

nielsenの発表によると、アメリカの子供がクリスマスに欲しがってるもののトップはiPadだそうです。

下は6歳から12歳を対象にした調査結果のグラフ。トップはiPadで44%、2位がiPod Touch、3位がiPhone、4位にPc/iPad以外のTablet/3DSが並んでいます。結構贅沢。っていうかiPhoneは早すぎじゃない?

buying-interest-kids-6-12.png

かつてのゲーム機のポジションが完全にiOS端末と置き換わった感じですね。

Macの売上は教育市場の伸びが他の分野と比較して今ひとつらしいですが、この原因がiPadによる侵食らしいです。MacからiPadへのリプレースが始まっている模様。

こちらは13歳以上の調査結果。こっちもiPadがトップになっています。

buying-interest-adults.png


U.S. Kids Looking Forward to “iHoliday” 2011から


iTunes Match登場、でも米国だけ orz

iTunes 10.5.1がリリースされて、iTunes Matchの正式サービスが始まったようです。


スクリーンショット 2011-11-15 7.38.38


iTunes MatchはiCloudで音楽を扱うための有料サービス。年間約25ドルかかりますが、iTunes以外で入手した楽曲もiCloudで利用可能になります。

この際にクラウド経由で他の端末に送信される曲はiTunes Plusの仕様に変更されるため、Youtubeとかから拾ってきた音質の悪い曲もこれを通すと蘇ってしまうという、なんか夢の様なサービス(但しiTunesで販売している曲のみ。それ以外は自分の持ってるデータがそのまま利用されます)。

残念ながら、現在のサービス対象は米国のみ。


まあ、日本で開始しても、iTunes Store自体日本の曲はそれほど充実していないので、普通のユーザーにはそれほど恩恵はないかもしれません。ただ洋楽をメインに視聴している方にとっては、かなり便利なサービスだと思います。


ところで、これUSのアカウントがあれば利用できるのかな? 日本のクレカがはじかれるのは知ってるけど、iTunes Cardで利用可能なんだろうか。試してみたいけど、25ドルが消えてしまうのも怖いし...

最新記事
カテゴリ
Game関連タグ

育成 ソーシャル ニュース アクション シューティング パズル 

検索フォーム
最新コメント
カウンター
RSSリンクの表示
iPhone Game関連リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。