スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonのジャイアンぶりにワロタ

Kindle2_L.jpg

AmazonがKindleを日本に投入するとのことですが、猛烈なジャイアンぶりを発揮してるそうです。

その内容は

- アマゾンは出版社の同意なく全書籍を電子化できる

- 売上の55%はアマゾンに渡る

- 価格は書籍版より必ず低くせよ

だそうです。手数料の55%は最低の例で、場合によってはこれ以上ふんだくることもあるそうです。

まあ、iBooksはまだ日本じゃ利用できないし、有象無象の販売サイトの現状だと足元を見られても仕方がないのかも。

ただ、大手出版社は軒並み拒否反応を示しているらしく(当たり前だわなwww)、見通しはあまり明るくない模様。

ちなみに海外のAmazonで自費出版する場合の手数料は30%のケースと65%の2つのオプションがあります。30%のケースの場合、自費出版する側が一定の通信量(電子書籍のサイズと販売量で計算される)を負担する必要もあります。たとえ30%のオプションを選んでも、正式サービスが行われていない地域(Austria/Belgium/Canada/France/Germany/Liechtenstein/Luxembourg/Monaco/Switzerland/United Kingdom/United States)で売れた場合は自動的に65%の販売手数料が引かれることになります。

また、30%のオプションを選んだ場合は自費出版側は常にKindleでの販売価格が他所よりも安い値段であるように義務付けられます。他所の価格よりも高い場合はAmazonがそれにあわせて自由に値段を変更できることになります。さらに実物の本の価格よりは20%以上安い値段をつけるようにも義務付けられます。

また、販売価格の拘束も厳しく30%のオプションで売れる最大の価格は9ドル99セントです。

日本の出版社向けのプロポーズはこの65%と30%の中間かな? 自社の電子書籍のマーケットではもっと安く売ってもいいってこと?でも過去の書籍の電子化とか、全書籍の電子化とか、妙な義務付けもあるから、それにしちゃ手数料やけにボラれてないかな?

「こんなの論外だ!」アマゾンの契約書に激怒する出版社員 国内130社に電子書籍化を迫る


スポンサーサイト

iOS5でバッテリの消耗が激しい場合の対処法

iOS5の位置情報サービスの一つにバグがあって、バッテリをバンバン消耗しているという噂です。

問題になっているのは位置情報サービスの一つTime Zoneの自動設定機能。海外やアメリカ国内を長距離移動した場合にiPhoneの時間を自動的に設定してくれる機能ですが、GM版でバグが紛れ込んでいるとのことです。

多くの人は普段利用していないと思いますから、Offにしてしまうのも一つの手。設定はiOSの設定→位置情報サービス→システムサービス(一番下にあります)→時間帯の設定をオフ。



私の場合はこの機能は過去24時間働いた形跡はありませんでした。

the guardian
iPhone 4S battery life problems: bug in location services suspected

追記:
調べてみたところ、ごく一部の方に不具合がでているようです。人によってはスタンバイモードで1時間に10%ものバッテリーが減るというような極端な例もある模様。ただこう云った人の場合、wifiや位置情報サービスを切ってもあまり効果はあがらず、Appleも現在調査中のようです。

ユーザーの中にはAppleから直接コンタクトがあって、iPhoneの状態をモニターする特別なアプリをインストールして調査に協力してもらえないかと頼まれた方もいるようです。

Apple Working with iPhone 4S Owners to Address Battery Life Issues

iOS6の隠し玉か!?

AppleがC3 Technologiesという会社を買収したそうです。この会社は3D Mappingの技術開発をしているところ。

どんな技術かというと、下のyoutubeビデオを見てください。



これ、空撮した動画じゃなくて、地図ソフトによる表示だそうです。すげえwww

飛行機やヘリ、UAVなんかで空撮後、コンピュータで自動的にデータに変換して作るそうです。空撮は1時間で100km2をカバー、高度500mから撮影した場合の誤差は10cm。なんかもうSFの世界ですね。まじで。

iOS5というかiPhone4Sの目玉機能がSiriですが、これもちょっと前にAppleが買収した会社の技術。Appleは投資目的とか単なる将来性だけで会社を買収するケースは殆どなくて、大抵はその技術を製品に載せてくるための買収です。この方向性は変わらないでしょうから、近い将来間違いなくiPhoneで利用できるようになると思います。


9to5Mac.com

Apple acquired mind-blowing 3D mapping company C3 Technologies, looking to take iOS Maps to the next level

1000位に入ったヾ(@⌒ー⌒@)ノ


24000ポイントで1000位到達。
まだ上目指すお!

つぎは、25000ポイントだお。

iPhoneとAndroidのOS Ver Upの違い

面白い表を見つけました。iPhoneとAndroidのOSのVer Upの違いをまとめたものです。

その機種の発売から3年間でどんなVerのOSが用意されているのかがまとめられています。緑はその時点で最新のVerのOSが利用可能。黄色は1世代前のVer。オレンジは2世代、赤は3世代以上古いOSを示しています。

016a_android_orphans.png

iPhoneは緑一色ですが、Androidはかなりまばら。標準機のNexus Oneはほぼ最新のOSが利用可能ですが、これも次に出るOSには対応しないことが明らかになっているそうです。

ただ、iPhoneの場合製品寿命がかなり長いので、製造終了から一定程度のサポート期間を確保してもらえると助かるのですが、、、

まあ、3GS以降はかなり性能が上がっているので、サポート期間はもっと長くなるかもしれません。


Android Orphans: Visualizing a Sad History of Supportより

最新記事
カテゴリ
Game関連タグ

育成 ソーシャル ニュース アクション シューティング パズル 

検索フォーム
最新コメント
カウンター
RSSリンクの表示
iPhone Game関連リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。