スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazon 一般書籍のレンタル(貸本)サービス開始

Kindle2_L.jpg

Amazonが米国で一般書籍のレンタルを開始したそうです。これまでも教科書のレンタルサービスを提供していましたが今回は普通の本が対象です。

サービスを受けられるのはKindle端末だけで、Amazon Prime Program(年79ドル)の利用者のみ。一般書籍と言ってもサービス開始時は5,000タイトル程度に限定されています。ただ、その中にはベストセラーになったタイトルも100以上含まれているとの事。

今のところ大手出版社は、旧作の売上げが将来このサービスによって減少することを恐れて、参加を見合わせているそうです。

レンタルの仕様は、同時に借りる事ができる本は1冊、1月あたり最大1冊、貸し出し期間は無制限、但し新しい本を借りると、それ以前に借りていた本のデータは消去されてしまうそうです。

iPadや他の端末から利用できないので、Amazonはこの貸本サービスでKindleの売上げを伸ばそうと考えているとのこと。

参加した多くの出版社はタイトルあたり一定額の使用料をAmazonから受け取るそうです。ただし一部の本については、1冊貸し出しするごとに、販売された場合と同額の金額が支払われるようになっているとのこと。前述のベストセラーなどはこのタイプでしょうか?Amazonが自腹をきって顧客を引き寄せるための撒き餌ですね。それ以外は多分何冊レンタルされても一律年いくらという取り決めでしょう。

レンタルに参加した出版社は、レンタル対象の本が、その本の著者の他の作品の売上げを伸ばすチャンスがあると考えているそうです。

Wall Street Journal
Amazon, Now a Book Lender


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
Game関連タグ

育成 ソーシャル ニュース アクション シューティング パズル 

検索フォーム
最新コメント
カウンター
RSSリンクの表示
iPhone Game関連リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。