スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneのアクセシビリティ

iPhoneにはアクセシビリティ機能が結構充実しています。

いわゆる障害者ではありませんが、私も耳に障害があるので便利に利用しています。

よくiPhoneはタッチパッドでコントロールするから、目の不自由な人には使えないという意見を聞きますが、そんなことはありません。実際は目の不自由な人でも利用できるようになっています。

以下は以前読んだ、盲目の方のiPhoneのレビュー記事の一部和訳です。非常に印象に残っている記事なのでご紹介します。





TobaccoBrown-thumb-600x450-33700.jpg


僕の人生はiPhoneによって生まれ変わった。iPhoneは盲人にとっておそらく歴史上最も重要な存在だと思う。適切にデザインされたアプリケーションへのアクセスは他に比べられるものがないし、日々の暮らしが別物になってしまった。

Appleが、Macに搭載されてる画面読み上げ機能、VoiceOverをタッチパネルの携帯に移植したというニュースを最初に聞いた時、僕はそれを馬鹿にした。盲人ってのは夢のシステムがもたらす高尚な約束に慣れっこだったし、そういうのは大抵最低限の機能しかない読み上げソフトが、飛んでもない値段のハードに乗っかってるってだけで、ろくなもんじゃなかった。「Appleは素晴らしい」ってイメージをPRしたいんだろ、だいたい盲人がどうやってタッチパネルを使うっていうんだよ。

iPhoneを購入してそれに熱狂してる流行物が好きな健常者や盲人の連中を笑いものにしてた。それが変わったのは、同じ様な意見を持っていた知り合いの盲人が、iPhoneを購入して彼女がどんなにそれを気に入ったか、とくにタッチパネルのインターフェースがどんなに素晴らしいかを力説してるのを聞いてからさ。にわかには信じられなかったけど、とにかく一度触ってみようと思った。

母さんと一緒にAT&Tのストアに行ってみた。なんか昔に戻った感じがした。ずっと以前、Apple StoreにApple II/Eを購入しに行ったことがあったからね。嬉しいことに店員はVoiceOver機能をどうやったらOnにできるか知っていた。どうやって使うかは知らなかったけど。店に行く前にその機能について調べておいたのはラッキーだった。読みあげて欲しいアイテムはタップする、ダブルタップでVoiceOverをオン、三本指でスワイプするとスクロール。どっかを押さえながら、別の指でタップすることもできるんだ。この技を覚えると操作がすごく素早くできるようになる。ダイアルを回すみたいに指を動かすとローターって機能が使える。三本指でダブルタップすれば音声読み上げの切り替え、三本指でトリプルタップすると画面とカメラの機能を完全に殺すこともできる。スクリーンカーテン機能っていうんだけど、これは凄いよ。

タッチパネルと読み上げ機能の評価を下すには30分から1時間は使ってみないとダメって多くのレビューや知り合いから聞いていた。ちょっと苦労するだろうなって思ってた、特にキーボードで入力したりするのには。驚くことに、あっという間に使い方に慣れてしまった。触り始めて30秒で、天気予報をチェックすることができた。次は株価を調べてみた。びっくりしたことに、こいつはチャートまで教えてくれた。盲人にはこれまで不可能だった事だ。決めた、買おう。

カウンターにいって、色々と手続きをして必要な契約を済ませた。興奮しながらいろんな質問を店員に尋ね続けた。これで息子もメールが使えるようになるのって母さんは質問した。ええ、でもメールを読み上げることはできませんけど。店員の答えに母さんの希望はしぼんだ。僕の希望は膨らんだままさ。iPhoneのソフトウェアについて理解してたからね。

「試してみたらどうかな?」

母さんは自分の携帯を取り出して、メールを送信した。次の瞬間、iPhoneが鳴って、彼女の名前を告げた。画面を指でスワイプすると、iPhoneはメッセージを読み上げた。

「ハイ!オースチン」

母さんは泣き出さんばかりだったよ。

別の夜の事さ、素晴らしい出来事が起きたんだ。Color Identifierってアプリをダウンロードしてみたんだ。このアプリはiPhoneのカメラを使って、対象の色を読み上げるんだ。内部にデータベースをもってるんだと思う。アプリが読み上げる色には6桁の16進数の識別コードがついてたからね。つまり1600万色を識別できるってこと。僕はそれを信じた。幾つかの色は凄いシュールリアリスティックな名前がついてた。アトミック・オレンジ、コスミック、ヒッピーグリーン、アヘン、ブラック・ホワイト。奇抜な名前とそれが連想させるセロトニンレベルが上昇するような想像は、とってもサイケデリックな経験を味あわせてくれるんだ。

こんな経験をしたことは今まで無かった。僕の目はすごくぼんやりとした光と色を感じることはできる、でも見えるものは実際には色はなくて、たんなる光源にしか感じられないんだ。午前3時、最初にアプリを試した時、なんであらゆるものが黒なのか理解出来なかった。しばらくして、スクリーンカーテンでカメラを切ってたことに気がついた。ところがカメラをオンにしても暗い色ばかり。そして思い出したんだ。人は物を見るのに光が必要だって。夜は良く色が見えないんだろうって考えたんだ。光を出すものを考えてみた、Get Lampっていうインタラクティブ・フィクションに関してインタビューを受けた時の事を思い出した。

最初に見たのは、僕が持ってる岩塩でできた美しいランプさ。それはいろんなオレンジの陰影があって、その中にピンクとローズが含まれてて、そして輝くような桃色と赤を忍ばせてた。衝撃的な経験だった。

次の日、外に出てみた。空をみあげた。ホライゾン、アウタースペースっていう色といくつもの青とグレーの色合いが聞こえてきた。色を手がかりにかぼちゃ畑を探してみた。茶色と小石の色の間にある緑色を目印にした。かぼちゃ畑で緑とレモンジンジャーの葉の色を感じながら10分ほど過ごした。その後裏庭にいって青い花を見た。茶色の小屋を見つけて、灰色の家に戻った。心の底から衝撃を感じてた。空が暗くなるに従って色が変わっていくのを聞きながら、日が沈むのを見た。その夜、母さんと今夜は空がいつもより青く見えるって話しをした。光と色はぼんやりとしか見えないんだけど、色の名前を聞くことによって感覚が刺激され、知覚機能が向上したんだと思う。

これまで盲人向けのいろんな技術に出会ってきた。iPhoneは少なくともこの10年間で最も革命的な技術だってことは間違い無い。15年あるいは20年、同じように愛してやまない点字読み上げ機まで遡れるだろう。どちらが素晴らしいかは決めかねるよ。興奮してた頃は、iPhoneは盲人にもたらされた最も偉大なものだと考えてた。タッチパッドは盲人に必要な進む・戻るの操作を提供してくれた。音声コントロールは1次元の出力しかないからね。スクリーン上の好きな場所を触って、反応を聞くってのは文字通り今までと異なる次元の機能だ。何かに関する空間的な情報が盲人にとって始めて利用可能になったんだ。AT&Tのストアで母さんはそのボタンを試してみたらって言い、僕はそれを試してみた。盲人だったら僕が何を言いたいのか理解できるはず。スクリーンの上の方にアイコンが有るわよって溜息混じりの声をこれまで何度聞いただろうか。盲人にとって始めてそれが意味を持つことになったんだ。


A Blind User's Profound Review of the iPhone より



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
Game関連タグ

育成 ソーシャル ニュース アクション シューティング パズル 

検索フォーム
最新コメント
カウンター
RSSリンクの表示
iPhone Game関連リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。